ピクチャーモード

写真の仕上がり

私はOLYMPUSを使用しているので、名称はピクチャーモード

タイトルにするにも、「写真の仕上がり」よりピンときやすいと思う。

f:id:photo2525camera:20210731042442p:plain

ピクチャーモード

OLYMPUS ピクチャーモード

LVスーパーコンパネで詳細設定可能です。

鮮鋭さを微調整する(シャープネス)
明暗の差を微調整する(コントラスト)
色の鮮やかさを微調整する(彩度)
画像の階調を微調整する(階調)
モノトーンにフィルター効果をつける(フィルター効果)
モノトーンの調色をする(調色)
i-Finishの効果を調整する(効果)

 

ピクチャースタイル

Canon EOSですと「ピクチャースタイル」という名称になります。

f:id:photo2525camera:20210731040414j:plain

調整できる項目は、どのメーカーもほぼ同じです。

どのメーカーのものでもマスターすれば、他のメーカーのピクチャー設定も同様に調整可能になるので、苦手意識を持たずに覚えてしまうほうがいいでしょう。

 

自分好みの画作りが可能です。

作品を発表するときの特徴にもなります、撮影会などでも他の人の作品と差別化出来るメリットが有る。

f:id:photo2525camera:20210731040439j:plain

ピクチャースタイル記号の意味

ユーザー設定も可能ですし、ユーザー設定枠にダウンロードした設定をインストールすることも出来ます。

 

インストールは、カメラ本体と写真加工ソフトDigital Photo Professionalの両方に対応しています。

RAWで撮影しておけば、PCのソフトで加工することも可能ということになりますね。

JPEGで撮る時に適用するのも良いですし、自由です。

 

どこのメーカーも似たような感じ。

 

ユーザー設定画面はこんな感じになります。

細かく設定可能です。

適用するとJPEG画像が激変するでしょう。

f:id:photo2525camera:20210731041008j:plain

ユーザー設定中の画面

ユーザー設定の登録(ダウンロードの登録も同じ)

自分で設定するのは難しいと思われたら、追加でダウンロードも可能。

f:id:photo2525camera:20210731041213g:plain

標準でインストールされているもの

追加でユーザー設定に入れられるダウンロードファイル

Xシリーズは、Canonの業務用ビデオカメラで撮影した特徴に似た絵作り。

 

 

SONYはクリエイティブスタイル

 シーンセレクション(撮影モード)との違い

  絞りの設定やシャッター速度の設定なども含めて、ほとんどの設定をカメラが自動的に制御します。

 シーンに応じた設定をするので、カメラ任せで簡単にきれいな写真を撮ることができます。


 クリエイティブスタイル機能

 シーンや撮影者の意図に応じて画作りの制御をおこなう機能です。

 P/A/S/Mモードで使用でき、絞りやシャッター速度、ホワイトバランスの制御とはすべて独立しています。

 画像の仕上がりを調整する要素を、撮影者の好みに応じて調整することができます。

 

 

Nikonはピクチャーコントロール

「D780」やZ シリーズには、基本の8つのピクチャーコントロールに加えて20種類の「クリエイティブピクチャーコントロール」が新たに搭載されました。

f:id:photo2525camera:20210731043725j:plain

ピクチャーコントロールから絵作りを選択します

ビビッドを選んでいるところ。

f:id:photo2525camera:20210731043736j:plain

自分で設定することも出来ます

f:id:photo2525camera:20210731044025j:plain

f:id:photo2525camera:20210731043927j:plain

アイコンの横にアスタリスク * が表示されます。

設定方法はこれだけではありません。

iメニューも使われます

youtu.be

 

 

FUJIFILMフィルムシュミレーション

 FUJIFILMのフィルム写真時代の特性をデジタル画像に反映しています。

 よく作り込まれていて、フィルムカメラブームでもあり人気となっています。

 名称もフィルムの名前VELVIAなどを使用していて、使っていた人にはイメージしやすい。

fujifilm-x.com